おすすめ記事

cosplay (54) iPhone (119) outlet (95) Windows10 (110) youtuber (42) おバカ (64) セキュリティ (30) ネット動画 (80) 夏休み (15) 格安旅行 (40) 自由研究 (12) 同人 (108) (29) 無料 (117) 目の保養 (54)

Windows10対応ソフトDL一覧

▼ Paintgraphic 3 ダウンロード版(143MB)
フォトショップ、イラストレーター形式の読み書きOK。レイヤー対応。
▼ Drawgraphic 2 Pro ダウンロード版(354MB)
InDesignみたいなソフト。イラストレーター形式対応、レイヤー対応。素材6000点収録。
▼ 六角大王Super6 ダウンロード版(410MB)
3Dアニメーションが簡単に作れるソフト。絵をなぞってオリジナルのキャラクターを作ることも可能。
▼ さし絵スタジオ2 ダウンロード版(1.79GB)
私用・商用を問わず利用できるイラスト素材集。角度や視点、人物、表情を変えたりと、組み合わせパターンは無限。

2017年4月4日

USJハリポタ建設費と同額で作ったレゴランド☆行くなら、0円で楽しめる屋内施設

レゴランドジャパン初日の開幕式・・・なのですが、寒々しいステージングです。色鮮やかですが、すごく地味で寒い演出です。

 建設費は320億円なので、USJハリポタエリアの建設費450億円より少ない規模で作られているのですね・・・。というのも、敷地面積が圧倒的に小さい!

レゴランドジャパン 9.3ヘクタール
 ※2021年に3.5ヘクタール増設予定ですが・・・この計画自体が無くなりそうな盛り上がりです・・・。

USJ 54ヘクタール
TDL 51ヘクタール
TDS 49ヘクタール (ホテルを含む)

 TDLの方が広く感じるのは、構造のトリック。建物との間、配置を迷路のように細かく区切ることで冒険させる手法になっており、嫌でも歩く距離が増え、すごく広い気がするのです。陳列ドンキと同じ。
 USJが小さく感じるのは、入れないエリアが多くあり、全ての通路が広く設計されているため。特定の場所からだとパーク外にある阪神高速が見えないように設計されていたり、爆発などの演出上により近づけてはいけない範囲があったり。

▼USJのターミネーター横。クリスマスツリーがあった場所です。後ろには高速道路があるのですが、撮影ポイントによっては見えないように作ってあります。

 USJの中にあるユニバーサルワンダーランドエリアには、並ばずに楽しめる遊具もあります。


さて、レゴランドの話に戻って・・・

▼アドベンチャーにある「オアシス・スナック」で購入できるLEGO®ポテト(450円)
 ▼ファクトリーにある「ビッグショップ」で購入できるレゴ®リュック(7000円)
▼レゴランド内のランチメニュー

 ネットで出回っているデマ画像の一部は、開業前にプレス関係者を招いて公開した時の模様だと思われます。周辺住民や関係者、その家族と友達くらいしか来園していないので入場者が少ないのですが、園内で提供するハンバーガーなどの包み紙などを無地で提供していたとすれば・・・ちょっとやる気の無さが・・・

▼レゴランド®・ジャパンの隣にある「ひつまぶし 備長 エスカ店」のひつまぶし(3348円) ※パーク外なので入場無料エリア

ちなみに、USJ&ひらパーのランチと比較してみましょう。
USJ ジョーズエリア 1290円 (海老バーガー・ポテト・コーラ)
ボリュームたっぷりで、ぷりぷりエビが(゚д゚)ウマー
※店舗や期間によっては+1000円で飲み放題になる。園内の指定店なら共通!

ひらパー ドラクエミュージアム(現在は終了)
ミミックボックス 2000円 (肉巻きフランクフルト、サンドイッチ、ポテト、特装ボックス入り)
コーラ 400円
※実は園内の他店舗で買えば1品あたり100円くらい安く買える。要するに箱代が加算されている。

こどもとおでかけするなら、少しでも安く!
もちろんオトナも楽しめるスポットをご紹介しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ネット動画★取り放題

▼ 動画レコーダー 3 ダウンロード版(51.3MB) 通常価格3980円 → 【特別価格】1500円
YouTube、ニコニコ動画などのweb動画を録画。画面全体を録画したり、プロテクトつき市販DVDでも録画できるけど厳禁です! ネット動画で録画できない場合は、Chromecastを経由することで、録画できるようになるらしい(;´∀`)