おすすめ記事

Windows10対応ソフトDL

2018年1月31日

廃棄予定のHDDやUSBメモリは痕跡を残さず消去してから廃棄したいけど、低コストでやるなら・・・

 パソコンのデータは、ハードディスクをフォーマット(初期化)しても、 Windows から見えなくなるだけで、 専用のツールを使えば復元されてしまいます。本製品なら、痕跡を残さず安全に消去できます。
 CD からはもちろん、USB から実行可能。使用回数に制限がなく、何度でも消去することが可能です。また、 個人利用の範囲であれば1 ライセンスで何台でも消去することができます。
 パソコン全体だけでなく、パーティションごとの消去も可能。さらにデータ消去とあわせて「パーティション削除」や「初期化」をする事もできます。

▼ ドライブイレイサー
店頭価格 3,980円 → 【 ダウンロード特別価格 】1,480円

 起動ディスクを作成すると、Windows 8 / Vista / XP でも使えます。
 作成した起動ディスクには、Windows PEが組み込まれ、OSライセンスのないPCでも起動可能です。

 安全上重要なのはわかっていても、捨てるパソコンに高いコストはかけたくないもの。必需品だからこそ誰でも安く簡単に使えることをポリシーとしています。

超低コストな廃棄方法
紙ヤスリで、ディスクの盤面を擦る
ハンマーでぶっ壊す
などの方法がありますが、ネジを外したり、産卵する破片を拾い集めたり、後始末の掃除をしたり・・・時間と労力がかかる上に、得られるものはありません。捨てるのですから。
 捨てるのに労力を使うくらいなら、一発でスッキリと安全に誰にでもデキる方法をおすすめします。 ドライブイレイサー 店頭価格 3,980円 → 【 ダウンロード特別価格 】1,480円で、何台でも、何回でも使用することができます。設定したら放置するだけ。設定は、一覧から選ぶだけ。超パソコン初心者でも手軽に扱えます。

やってもムダな方法
 水没させる方法はムダです。10年20年と水没させ、塩素を入れて腐食が進みやすくした上に、内部の基盤ではなくディスク自体を破壊するなど、何らかの対処が必要です。ただし、HDDやUSBメモリの種類によっては、使用中の結露にするショートを防ぐため、パッケージには大きく書いて無くても防水構造になっているものがあります。
 近所の池やダム、海などに廃棄したとしても、完全復旧できる可能性が極めて高く、おすすめできません。環境汚染や不法廃棄の犯人として、内部を細かく調査されるかもしれません。その結果・・・違法画像や取引が見つかり・・・・・・ってコトになるかも。
 水没させても、動かないのは内部の基盤なので、基盤さえ交換すれば復旧できます。これは素人でも容易です。店ではもっと容易でしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お得なクーポン券