おすすめ記事

Windows10対応ソフトDL

2018年7月11日

筋トレグッズやサプリを買い集める前に、やっておくべきことは1つだけ。

知識・情報を得ること。

情報を得たあと、やってしまうのが自己流の改変。
野菜サラダに油たっぷりのドレッシングをかけて、大豆とベーコンを乗せて、スパゲティーも付け合せ・・・っていうことは、サラダドレッシング味の炭水化物&糖質糖分こってりってことに・・・。野菜不足だからといって、野菜ジュースやサプリに頼ってはいけません。あれ、ほとんど糖質糖分のカタマリですから。筋肉の生成や脂肪の燃焼だけでなく、脳の回転にも不可欠な糖分ですが、過剰摂取は回避すべき。

 ダイエットするなら、食事療法9割、筋トレ1割っていうぐらい食事に関する知識・情報は不可欠です。

 時事通信社「家庭の医学」に「血液サラサラ健康事典」と「食材健康大事典」をセット。パソコンだから検索ラクラク。知りたいことがすぐ探せます。
▼ズバリ健康バリューパック

辞書や辞典などが読みにくい、文字が多いと集中できないという場合は、TARZANなどの健康系雑誌がオススメ。でも、読んだだけで筋トレになるとか痩せる効果はありません。実践してくださいね。

プールでだらだらと歩いたり、のんびり泳ぐだけでは、筋トレどころかトレーニングになっていません。水圧でカラダを支えているため、筋肉で体を支える必要がありません。
そのため、陸上よりも少ない筋肉で動くことはできますが、言い方を変えれば、陸上のとき以上に意識して動かないと筋トレにもトレーニングにもならないということです。
水中では、陸上で使う筋肉の3割程度しか使いません。
内ももを使いまくるクロススキップがおすすめ。足の前面や太もも、ふくらはぎは歩くだけでも鍛えられますが、内ももって意外と使わないけど、大きな筋肉の一つ。大きな筋肉を多く使えば、代謝が上がり、痩せやすいカラダに近づいていきます。

水泳は、より筋肉を使わずに運動することがキーポイントなので、泳げるようになればなるほど、筋肉は使いません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お得なクーポン券