おすすめ記事

cosplay (78) iPhone (146) outlet (95) Windows10 (151) youtuber (62) おバカ (80) セキュリティ (40) ネット動画 (92) 夏休み (35) 格安旅行 (42) 自由研究 (17) 同人 (129) (30) 無料 (161) 目の保養 (62)

2018年8月9日

ロードバイクが普及しすぎて売れなくなる→自転車業界「次はMTBだな、スポーツ自転車にアシストつけたろ」

 従来のイメージを一新し、よりワイルドに4WD自動車をイメージした存在感のあるデザインを落とし込んだのが「DRIDE-XX」です。カンガルーバーをモチーフにしたハンドルには様々なオプションパーツが装着可能で、自分好みの1台に仕上げることができます。またセミブロックタイヤとサスペンションフォークを採用し、よりアクティブな走行が楽しめる一台です。
 ブランド名のDRIDEは、「DESIGN」(デザイン)と「RIDE」(ライド)という二つの単語からできた言葉で、自転車と自転車用パーツのあさひオリジナルブランドです。

また、パナソニック サイクルテック株式会社では、2018年9月上旬、手軽に楽しめるエントリーユーザー向け電動アシスト自転車スポーティーモデルとして、クロスバイクタイプで軽快な走りを楽しむ「VELOSTAR(ベロスター)」、タイヤが小径で取り回しのよい「VELOSTAR・MINI(ベロスター・ミニ)」を発売します。
 新製品の「ベロスター」シリーズはスタイリッシュなデザインに、外装7段変速を搭載しています。高速巡行性のよい700×38Cタイヤを採用したベロスターは、市街地のアップダウンを軽く登りきることに役立ち、20型のタイヤを採用したベロスター・ミニは、高速ギヤにより小径タイヤながらも軽快な走りを実現しています。

また、持ち運びが楽な容量8 Ahの軽量リチウムイオンバッテリーを搭載し、1回の満充電でベロスターは28 km、ベロスター・ミニは31 kmのアシスト走行が可能です。さらにバッテリーの充電には、どこでもスッキリ置ける新開発のスタンド式小型専用充電器を採用し、およそ4.5時間で充電を完了します。
【希望小売価格(税抜)】95,000円
【発売日】2018年9月上旬

要注意
補助力が強すぎる電動アシスト自転車に、乗車していると道路交通法違反。基準値を超える自転車を販売している会社が6社もあったそうです。
警視庁では、パステル XM26-0001(アイジュ)、Galaxy Power CES26(永山)、折りたたみ電動アシスト自転車20インチ KH-DCY03(カイホウジャパン)、電動アシスト自転車 KH-DCY09(カイホウジャパン)、電動アシスト自転車 TASKAL-M(神田無線電機)、City Green light mini(サン・リンクル)、Bicycle-452 assist(日本タイガー電器)の7製品について、少なくとも一部に道路交通法上のアシスト比率の基準を超えているものがあると公表しています。

→ 超割バーゲン会場はこちら

▼ B’s 動画レコーダー 4

0 件のコメント:

コメントを投稿

ファイル共有の定番

RAR圧縮・結合「WinZip」

大容量オンラインストレージが無制限!
Yahoo!プレミアム