おすすめ記事

Windows10対応ソフトDL

2018年5月3日

形状記憶できるインソールで、無理なくウォーキングをサポートするのは、捻挫しないための予防策のひとつとして。

 人間の足の筋肉は全身の60%を占めています。よって、老化による筋肉の衰えの影響を1番受ける部分は足なのです。
 適切なサポートをするインソールを履きながら、正しい歩き方で無理なくウォーキングや運動をすることで、個人差はありますが、いつまでも健康でいられる効果にも繋がると考えられています。

 スポーツ時だけでなく、日常にも起こりやすい足首の障害で、とくに内皮ネンザが起こりやすいと言われています。足部にはバネともいわれている重要な3つのアーチ(バネ)があり、最適なインソールは負荷がかかっても横アーチを落ちにくくし、アーチをサポートします。その他の足裏に負荷がかかるところを形状記憶することで、足のブレを少なくして、理想的な姿勢を保つことができます。

▼自分の足型になるインソール

 2~3日履き続けることで足の形にフィットするインソール。特許取得の形状記憶素材が確実な体圧分散をすることにより、長時間の歩き疲れを軽減します。正しい歩行動作を生みケガの防止にも繋がります。

 もし、ヒザや腰に不安のある場合は水中ウォーキングをおすすめします。
 ただし、だらだらと歩くのは意味がありません。水中では水圧により、全身を支えてくれるため、運動する際に使う筋肉が陸上の半分以下になってしまいます。効率よくトレーニングするためには、水を負荷を考えたトレーニングが有効です。
水中ウォーキング、水泳の基礎知識をちょこっと頭に入れているだけで、ムダのないトレーニングを実践できます。


 靴に差し込むだけで、ニオイの元となる原因菌やカビ類を紫外線除去。同時に、ヒーターで内側から乾燥。雨で濡れた翌日でも、さわやかな気分でお出掛けできます。

▼紫外線シューズクリーナー

 時事通信社「家庭の医学」に「血液サラサラ健康事典」と「食材健康大事典」をセット。パソコンだから検索ラクラク。知りたいことがすぐ探せます。

▼ズバリ健康バリューパック

0 件のコメント:

コメントを投稿

お得なクーポン券