おすすめ記事

cosplay (65) iPhone (130) outlet (95) Windows10 (118) youtuber (50) おバカ (71) セキュリティ (32) ネット動画 (81) 夏休み (16) 格安旅行 (40) 自由研究 (12) 同人 (121) (29) 無料 (155) 目の保養 (61)

2016年11月11日

無料wi-fiスポットをカフェや駅に設置、iPhoneなどスマホの自動接続機能で個人情報を抜き取る「フリーwi-fi窃盗詐欺」が横行

 外出先で気軽に接続できる無料Wi-Fiスポットはとても便利ですが、その危険性はあまり知られておらず、一般的なウイルス対策ソフトでは保護できません。ウイルス対策ソフトは、端末を保護するもので、端末から送信され一旦ネットワーク上に乗った情報には無防備です。

参照情報 [読売新聞:メールも盗聴? フリーWiFi「なりすまし」の危険]

 多くの企業が導入しているネットワークの基本的なセキュリティ対策で、端末からサーバーへの通信を丸ごと暗号化し盗聴を防いでくれるのが、VPN(Virtual Private Network=仮想の専用線)です。


 人が多く集まる駅や空港、町中のカフェでは、個人情報や盗聴目的で無料のWi-Fiスポットを設置していることがあります。

 接続できてラッキーと思ったらとんでもないことで、ネットワーク上にはデータ通信を盗聴するための罠が仕掛けられており、接続した人の情報は盗聴されてしまいます。



メールやチャット、SNSのログインIDやパスワードを盗まれ、知らない間にパスワードを変更されてアカウントを乗っ取られたり、クレジットカード情報を抜き取られる恐れもあります。
  Wi-Fi セキュリティ は、無料Wi-Fiスポットをはじめとするネットワーク上の安全を確保する個人向けのVPN(Virtual Private Network=仮想の専用線)ソフトです。

 Windows / Mac / iOS / Android のマルチプラットフォームに対応し、同一ユーザーに限り、1つのライセンスキーでプラットフォームを選ばず5台まで保護して、端末上のネットワークを丸ごと暗号化できます。一部のSSL認証に対応していないサービスやアプリでも、通信を暗号化して使用できます。
店頭価格2,980円→【62%OFF】本日限定特価 1,111円(税抜)

Windows 10 (32ビット/64ビット版)
Windows 8/8.1(32ビット/64ビット版)
Windows 7(32ビット/64ビット版)
Windows Vista(32ビット/64ビット版)
Intel Mac
Android
iOS
※Mac OS X 10.6.8 Snow Leopard、Mac OS X 10.7 Lion以上に対応
※iOSは4.3以上に対応
※Android OS 2.2/2.3または4.0以上

0 件のコメント:

コメントを投稿

ファイル共有の定番

NHKが映らない!

人気タブレット