おすすめ記事

cosplay (62) iPhone (125) outlet (95) Windows10 (112) youtuber (44) おバカ (66) セキュリティ (31) ネット動画 (81) 夏休み (16) 格安旅行 (40) 自由研究 (12) 同人 (118) (29) 無料 (147) 目の保養 (60)

2017年4月6日

長時間運転による首こり「ドライブ首」の危険性と予防

 GWからの行楽シーズンは、長距離・長時間運転による“ドライブ首”のリスクが増加します。

 首こり病(頚筋症候群)の発見者である東京脳神経センター・理事長の松井孝嘉医学博士(脳神経外科医)は「寒い時期は首こりと首の冷えが原因となる“ぎっくり首”のリスクが高まりますが、遠出が増えるGWからの行楽シーズンには、長時間のドライブが首こりを悪化させる、いわゆる“ドライブ首”が増加します」と警鐘を鳴らします。

 首の奥には自律神経が通っています。
 恐ろしいのは、“ドライブ首”をきっかけに、頭痛、めまい、ドライアイ、血圧不安定、原因不明の倦怠感、不眠、新型うつなど、自律神経失調によるさまざまな不調が全身に現れてきて、幸せを感じられなくなることです。
 さらに“ドライブ首”になると、急に後ろを振り向いたり、くしゃみをした拍子などにぎっくり首になる危険性もあります。
 そのため長時間の運転では、首の凝りによる“ドライブ首”の予防が重要です。
 イスに深く腰かけて、背中を背もたれにつけ、両手を頭の後ろにまわして組みます。
次に頭を後ろに倒していきます。首が痛くなる手前までで止め、その場で30秒保持します。
 ※基本は、両手で頭の重さを支えて、首の後ろの筋肉をゆるめることです。

倒した頭を元に戻します。このとき頭にそえていた手は、頭を戻すのを助けるようにしてください。









0 件のコメント:

コメントを投稿

ネット動画★取り放題

▼ B’s 動画レコーダー 3

店頭価格 3,980円 → 【 バーゲンソフト特別価格 】1,980円

パソコンの画面に映っているモノを録画できるソフトです。生放送も、市販DVDも、ネット動画も録画できます。